私たちの声を届けるということ

リサイクル・リユースはいまでは身近になっています。

ネットを利用して欲しいという人にあげる、購入したときの金額から抑えて誰かに買ってもらう。「必要なくなったから」、「また誰かに使ってほしいから」など理由は様々ですが、全世界で当たり前のように行われている取引です。

ではなぜ個人でのリユースが広がっている今、エベイユがリサイクル・リユース事業を手掛けているのか。

まだその広がりに関わったことが無い人・気づいていない人に向けて、気づいて欲しいからだと私は思いました。ネットの環境にはデメリットがあり、スマホやPCを見ない人には私たちの声は届きません。直接声を掛けようとすれば怪しい人になってしまいます。広告はそんな私たちに気づいてほしいという宣伝ツール。ネットは私たちに気づいてくれた人が、必要としてくれる人に伝達をするツール。エベイユに入社してから、広告とはマーケティングとはを考え勉強中です。

成功したとしてもどこに私たちを必要としている人がいるかは分かりません。早く気づいてほしいな~難しいな~という事を考えながら今日は記事を書いてみました。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。