立ち上げってこうやってやるんだ 【1-3日目】

こんにちわこんばんわとかちです。
さぁやってまいりました今回は、リサイクル事業のマネージャー阿部が北海道で新規開拓すべく、もがき、苦しみ、戦くお話です。

阿部の詳細については、こちらからどうぞ
阿部について

私、とかちもインバウンド事業立ち上げのため来ているので、それも挟みつつ実況させていただきます。

話は、東京を飛び立つフライトから始まります。
早朝7時の眠気に耐えつつも、久しぶりの出張に嬉々とする阿部。
ですが、その余裕は長くは続きませんでした。

無事新千歳空港に着き、電車に乗って雪景色を見ながら札幌へ。

「北海道と言えば味噌ラーメンだよなぁー!」と言いながら、今回、民泊用として貸りた物件の近くのラーメン屋で腹ごしらえ。


※私が食べたのは、辛口味噌ラーメンでした。

さぁやるか!と意気込んで、外に出ると

猛吹雪。ニュースでは、札幌で今年初の大雪との報道。
ここから阿部の戦いが始まりました。

ずぶ濡れのスニーカーで雪道を歩き、

なにもない部屋で暖を取り、

と思えば、民泊用の家具で部屋が埋まり、

その片付けと組み立ての手伝いをさせられ、1日目を終えます。

そうして迎えた2日目の朝には、東京を旅立つ頃の活気は0に近づいていました。(眠たさがゆえの)

ですが、負けない阿部。
今日もラーメンを食べます。

今回私は、和だし塩ラーメンをいただきました。

そこから、民泊物件やリサイクル事業の必要なものの買い出しへ。
慣れない土地での運転もあり、夜には眠気に襲われながら、民泊で使う洗濯機の引き取りへ向かいます。

ここで、阿部のコミュニケーション力が功を奏し、リサイクル事業の集客のためのチラシが配布される前段階で、なんと、買取(?)成功!
洗濯機を譲っていただいた方も、同業者の方で不要物の回収、処分をされているとのことでお話させて頂き、対象としていないものを買い取らせていただきました。

リサイクル事業の走り出しとなる3日目は、スロースタートになりそうですが、ここからどんな風になっていくのか、私が元気な限りまた何日かおきに書かせていただければと思います。
次回は、インバウンドのお話も一緒に。

コメントは利用できません。