インターン生ってこういうことか!

自己紹介:

私は劉です。中国人です。

東京工業大学の大学院生で、そろそろ就職を考え、その前に実際の仕事を体験したいと思い、インターンに応募しました。

2019年1月30日からすでに15日ほど働きました。

インターンでしたこと:

民泊事業。物件のサイトを作ったり、PR文章を考えたり、部屋をリフォームしたり、清掃スタッフを管理したり、売り出し方を考えたり、部屋を作ってお客様に泊まってもらうということをします。お客様が私たちが作った部屋で幸せに過ごすために、日々頑張っております!

インターンで得たもの:

会社と仕事への理解、コミュニケーション能力、マネジメント力、計画力、一から立ち上げるという経験、達成感

優しい同僚、なんでも教えてくれる先輩、美味しいお土産、食べ物、無料で豪華物件に泊まれる機会。

この会社のイメージから話しましょうか。

取りあえず風通しがいいです。私が扱っている民泊事業に関わらず、私が「これが違うのではないか」と思うことを聞いた時には、納得するまで教えてくれます。例えば、清掃費はなぜ4000円になりますか、もっとやすくできないかと話したら、きちんと私の提案を聞いて、なぜそうなるのか理由を教えてくれます。

やりたいことがあるなら、やれます。未経験でも、一から作る事が出来ます。社員の方と食事をする時も、どういうことをやりたいか聞かれます。私はマネジメントがやりたいと話したら、「ぜんぜんいいよ」と返事してくれます。そのために、必要な知識も教えてくれます。また、私はここに来るまで、サイトを作ったことがなかったのですが、先輩が出張先から、急に電話で「サイトのxxのところを作ってほしいんだけど」と言ってきて、丁寧にやり方を教えてもらいながら二日間で完成させる事が出来ました。そして、次の仕事は全く新しい物件のサイトを作ることです。経験はないですが、真っ白なサイトをお客様に見せられる状態まで完成させました。できると思っていなかったことができたら、とても嬉しくて、さらにお客様がその部屋に入ると、売り上げに貢献したと実感できます。

楽しそうなワイワイしている会社です。会社にいる方はほぼおしゃべりで、毎日楽しく過ごしています。オフの時に社員間の関係が近く、世間話をします。仕事しながらオフィスの中で音楽を流して、「リュウちゃんはどんな曲が好きですか」と聞いて、その曲を流してくれます。

社員の方々は熱心で、優しいです。私は先日ちょうどバレンタインデーの期間で働いていました。まさか、二つもチョコレートを頂けるとは思いませんでした。生まれてから今までの最高記録ですww。買い取り事業の先輩からも、プレゼントを頂きました。

インターンの魅力

いろんなところに行けます。もちろん、社会人としての仕事能力も得られますが、民泊事業の魅力は様々な物件に行けることです。私は、15日間しか働いていませんが、すでに東京2件と北海道2件に出張したことがあります。物件は殆ど観光地にあるため、仕事しているのに、旅行の気分になります。さらに、できた民泊に泊まることができます。33階にある高級マンションに泊まってしまいました(笑)。そして、そこからお客様の視点で物件を改善していきます。下の画像は33階から取った眺めです。

グルメもできます。民泊は殆ど旅行者に使われるため、物件の周りの魅力的なスポットは何なのかを知るために、スポットを探したり、グルメしたりします。自腹で行くつもりでしたが、とかちさんが何回も奢ってくれて、その分頑張らないといけません!

これから、民泊事業をもっと拡大して、日本全国に出したいと思います!